沖縄の伝統的なお菓子のあまがし

暑い夏に冷たい甘味が食べたい!沖縄ぜんざい”あまがし”を氷にかければ、夏の暑さも吹き飛ぶはずです。

あまがしをかき氷にかけてクーラーいらず

沖縄の伝統的なお菓子のあまがし あまがしとは、沖縄風ぜんざいだそうです。大豆、緑豆、押し麦などが黒糖で甘く煮てあります。沖縄では夏は冷たく、冬は温めて食べるそうです。熱を下げる作用のある緑豆。ミネラルたっぷりな黒糖。栄養もとれて、夏ばてにも良さそうですね。昔は大麦を粥状にしたものに麹を入れた発酵食品だったそうです。発酵しているってことは、ちょっとすっぱかったのかな?甘いほうが食べやすそうですが、麹の栄養もとれてお子様やお年寄りにオススメしたい健康食品ですね。しかし、私は健康より欲望。スイーツをこよなく愛しているので、甘みのあるぜんざいがいいです。

最近は缶詰も出ているそうです。かき氷をいれて食べるのが美味しそう。寒天を乗せてアイスクリームもトッピングして、あまがしパフェにしている人もみました。スイーツファンとしては見逃せない一品です。さっそくネットでポチポチ検索。缶詰もネットで手に入るようです。沖縄のお土産にも日持ちがしてよさそうですね。子供にも安心して食べさせられるおやつとして、夏休みに活躍しそうです。ダイエット中の休憩甘みとしてもいいかも!この夏こそダイエットを・・・と思っていましたが、美味しいものを前に中々痩せられそうもありません。