沖縄の伝統的なお菓子のあまがし

あまがしは、子供の日を祝う沖縄の伝統料理です。押し麦と緑豆と黒砂糖を使ったデザートとして親しまれています。

あまがしは、子供の日を祝う沖縄の伝統料理です。

沖縄の伝統的なお菓子のあまがし 日本の各地域には、独自の風習や食べ物があります。沖縄にも、子供の成長を祝う特別な食べ物があります。5月5日は、子供の日ですね。柏餅やちまきを食べて、子供の成長を祝うのが一般的ですが、沖縄ではあまがしを食べます。あまがしは、沖縄風のぜんざいです。材料は、押し麦と緑豆と黒砂糖です。最近は、緑豆より金時豆を用いるようですが、緑豆の爽やかな味わいが本来の味です。作り方は、押し麦を良く洗い、ざるにあげて水切りをしておきます。緑豆や金時豆は、水に浸して、十分に水を含ませておきます。豆を汁ごと火にかけて、一度ゆでこぼしておきます。分量の水を入れて、押し麦と黒砂糖を加えて煮ます。10分から15分で出来上がります。

お粥のような食感で、夏に冷やして食べますが、冬にホットスイーツとしても人気があります。夏のあまがしは、清涼飲料水のような爽やかさが絶妙です。夏を代表するスイーツとして、食欲不振の時などに良いですね。アイスやかき氷をのせたら、清涼感が増します。フルーツなどをトッピングして楽しむこともできます。作るのが面倒な人には、缶詰やレトルトパックでも販売されていますから、沖縄のスーパーに行ったら買ってみて下さい。沖縄では、5月5日の子供の日をグングワチグニチと言います。あまがしは、子供の健やかな健康を祈り、厳しい夏を乗り切るための伝統食として、長く受け継がれています。