沖縄の伝統的なお菓子のあまがし

沖縄の伝統的なお菓子のあまがしは、粥状になっていて、黒砂糖で味付けをしているので甘味が強いのが特徴です。

沖縄の伝統的なお菓子のあまがし

沖縄の伝統的なお菓子のあまがし 沖縄の伝統的なお菓子であるあまがしは、押し麦や緑豆を煮詰めて、黒砂糖で味付けをした夏に食べる粥状のお菓子です。強い甘味がありますが、冷やして食べるととてもおいしく、白玉を加えたり、カキ氷などに入れてもおいしいです。栄養満点なので、暑い沖縄の夏を乗り切るのにぴったりです。自宅でも作ることが出来ますが、最近は缶詰やレトルトパウチなども販売されており、気軽に食べることができます。自宅で作る時は、緑豆を3時間から4時間ぐらい水に浸しておくようにして下さい。押し麦も水に浸しておくことが大事です。

緑豆と押し麦を柔らかくなるまで、40分程度茹でるようにして下さい。別の鍋で黒糖のシロップを作っておくようにすると良いでしょう。日本ではぜんざいは冬に食べることが多いですが、沖縄のあまがしは夏にぴったりのお菓子で、お子様から高齢者の方までおいしく食べることができます。黒砂糖には白砂糖に比べると、豊富なミネラル成分が含まれていますし、血糖値も上昇しにくいのでとてもヘルシーです。仕事や家事で忙しい場合は、缶詰やレトルトパウチを利用すると良いでしょう。押し麦や緑豆にも豊富な栄養成分が含まれているので、とてもヘルシーなお菓子です。